WHO’sFreestyler?2019vol.39 bac to pec FINAL 2018 spin battle 準優勝 Menimoi

みなさんこんにちは!
ko-taです!

今回は
昨年bac to pec 2018 season spin battle 準優勝
そして今年の招待選手である

Menimoi

のインタビューです!

○基本情報
1.名前
Menimoi

2.年齢
23歳

3.所属チーム
MIYAKKO BALLERS

4.大会経歴
bac to pec2014 Final spin battle 優勝
bac to pec2015 神戸予選 優勝
bac to pec2015 Final spin battle 優勝
FBB 日本一決定戦2016 関西ROUND 優勝

○大会について
-自身が出場したスタイルバトルのときの感想を振り返って教えてください。バトル前の気持ちや、他に出場していた選手について、バトル中に思ったことなど。

去年のスピンバトルは比較的楽しくやれました。あの感覚でいつもできれば良いんですけど、一体どうやって引き出したら良いのか…。
そういえば毎年スピンのオーディションは他のプレーヤー達はめっちゃ技ぶっ込んでいくんですけど、去年わかったことはリスク背負って大技かますよりも起承転結しっかりまとめる方が大事だなと思いました。知らんけど。

-スタイルバトルの本戦に出場してみて自分の中で変わったことはありますか?

変わったことは特にありませんが
忘れてたバトルの楽しさを思い出しました。

-今年もFINALが11/23.24で行われますが、それに向けての意気込みをお願い致します。

「ISSEI殺す。」
#負け犬の遠吠え #今年こそって何回目?
#爆弾系くたばれ #btp #天性の脇役
#じゅんぺーとメイプルは出ないで欲しい


○自分のスタイルについて
-自分のプレイはどういったスタイルですか?意識していることや目標があれば合わせてお願いします。

スピンは基本的に正統派を貫いてるつもりです。あと安定感は凄く大事にしてます。ミスはスピナーの天敵ですが、「付きもの」って考え方は少し古いかもしれません。ノーミスは難しいですが頑張りたいですね。
スキルも勿論大事なのですが自分はそれ以上に、間の作り方とかバトル感とかを重視してます。
最近ISSEIとかMapleとかに憧れて爆弾かましたい系スピナーはわかってると思いますが、あの2人は、前者は「キレと迫力」、後者は「怪物級の身体能力」も備わった上での爆弾系で、更に弛まぬ努力も継続してる。同じ爆弾系スピンであの2人超えたいって思うなら、余程努力出来ない限り、時間の無駄なので別のベクトルで攻めた方が良いと思います。まだまだスピンは色々掘れます。
とりあえず正統派においで。寂しい。

-上の質問から、自分のスタイルの魅力や見てほしい部分についてお願いします。

バトル感とか空気感とか、目に見えない部分にこだわっていきたいので是非見て欲しいです。見えないのに見てって圧倒的矛盾ですが気になさらず。
あ、感じるが正解か。
-バトルに出場したときはどういったプレイをすることを意識していますか?

ノーミス目指して、起承転結意識して、優勢なら挑発かまして、劣勢なら余裕ぶって、持ってるものしっかり見せて、勝って、また勝って、優勝目指して、でもモテない。

 

-いつもどんな練習をしていますか?練習量、場所、時間帯、誰と一緒に練習してますか?

partyとよくやるかな、うん。
お互いの地元でな。
可愛い後輩やでparty。
この前誕生日祝ったら死ぬ程喜んでたわ。
あとはShohei氏ですね。
優しいですね。よく大阪でやります。
ボール持たずに会うことも多いですよ。
関西はその傾向多くないですか?
好きです。その傾向。
それとISSEIかな。寝屋川で。
NSB入るちょっと前くらいから
あんまり地元から出なくなったな。寂しい。
ISSEIはオール練のあと飯食うけど。
食い過ぎや。


◯btpは音楽を大事にしてるので音についての質問させて頂きたいです
-最近ハマってるアーティストや曲のジャンル

最近ハウスとかよく聴きます。
アーティストは特に限定してないです。
正直ジャンルもなんでも聴いてます。

 

ショーケース作ってみたい一曲

アニソンとかってちゃんとショーケース作ったら面白いの出来そうなんですよね。
面白いってのは「笑い」の方で。
そうそう、そういえばいつかね、「コイツら絶対噛み合わんやろ!」ってメンツで5人くらいでショーケース作りたいんですよ。
募集してます。

 

-バトルでこんな曲流れたら嬉しい

スピンバトルいっつも鬼畜ミュージックなイメージあるのでたまにはドリブルバトルの曲とか聴きたいですね。でも、どんな曲流れても勝敗には関係ないのであまり気にしてませんよ。マジで。


○その他
-今フリースタイラーとしてどんな目標がありますか?

もっとみんなとなかよくなりたい。

 

-尊敬しているプレイヤーは誰ですか?また、理由等あれば

尊敬までは行かずとも、
関西勢の中堅勢とかよく会う人とかは
みんな好きです。
ん?尊敬はしてないのかって?
だって一長一短だもの。
でも不完全さが尊い。
人としてもボーラーとしてもめちゃ好きっすよ!
関西勢多分これ見てないから
言いたい放題だぜぇ!ひぇあ!!

 

-今後フリースタイルを通してやってみたいことはありますか?

自分の大会のKFBCは続けれたら良いなと。
もちろんプレーヤーとしても若手から挨拶されるくらいにはカマして行きたいですね。
最近挨拶自分からしか行ってない気がするよ。でも、そういう人ってケンゴとか一成みたいな上手い奴やトップ勢には挨拶いくんだよきっと……
チクショーーーー!!

 

-最後にフリースタイル以外で最近ハマってることはなんですか?

ベースボール!(投手)


“インタビュアーko-taより”

らしさ全開のインタビューでした!
プレーヤーとしての実力もさることながら、関西を拠点にKEBCのオーガナイズも手掛けるMenimoi

お客さんも思わず応援したくなるバイブス満タンのムーブは爽快です。

優勢のとき、劣勢のときなどバトルの組み立て方に関する答えは、他のフリースタイラーも参考になるインタビューだったのではないでしょうか。

FINALでは強敵相手にどういった立ち回りで勝ち上がっていくのかとても楽しみです!


いかがでしたでしょうか?

次回はbac to pec 2018 season FINAL dribble battle 準優勝のSHIROのインタビュー!!

お楽しみに!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中